まずは逆指値注文を覚えて、最終的にはトレール注文もマスターする

FXには様々な注文方法があり、それらを使い分けていくことが大切なのですが、今回はFXの注文方法の中での逆指値注文について勉強していきたいと思います。

 

また、逆指値注文のメリット、デメリットについても解説しましょう。

 

まず指値注文というものがありますが、その全く逆の方法で注文するのが逆指値注文です。

 

指値注文の場合、現在の為替レートよりも価格が落ちたら買う、価格が上がったら売るというものなので、逆指値注文の場合は現在の為替レートよりも価格が価格が上がったら買う、価格が落ちたら売る、という注文方法なのです。

 

何故このようなスタンスの注文方法があるのかというと、逆指値注文はリスクを回避するための注文方法だからです。指値注文は利益を得るための注文方法なので、この場合、意味合いが大きく違ってきます。逆指値注文は損切りを行う際に有効ということがいえるでしょう。

 

トレール注文とは

良いポジションを掴むことができて利益が拡大しているときや、中長期のスワップ目的の場合に重要になるのが「トレール」という注文方法です。

 

トレール注文とは、相場が下落した場合に損失を防ぐための逆指値(ストップロス)をさらに応用したもので、相場が上昇するに従ってストップロスの位置も自動で引き上げてくれる注文です。

 

これを入れておくことで、利益の拡大を狙いつつ相場が急落した場合には最低限の利益を確保することが可能になります。もちろん売りポジションの時にも可能で、こっちは逆にストップロスの位置を引き下げてくれます。

 

このようにトレールは利益を最大化していくにあたっては欠かせない手法であり、どれくらいの値幅でこれを設定していくのかも腕の見せ所になります。ストップロスの位置をその都度変えていくという方法でも良いですが、少し目を離しているうちに相場に急激な変動があったりすることもあるので、トレール注文が可能ならこれを活用すべきでしょう。


このページの先頭へ戻る